月命日、そしてGW後半へ

 2日は、早朝から出発予定のため、お墓参りは1日に。
風は強いけれどいいお天気。
今年は6年前と同じ曜日並び。
あの頃の今日は何をしていたかな・・・なんてどうしても考えてしまう。

 あの頃のGWは、毎日野球、野球。
朝早く起きてお弁当を作り、寒さ対策の防寒グッズをたくさん持って
球場に応援に行く毎日だったな。

 俊平、さぁ行くよ。
今年は、球場ではなくて渓流へ。

 GW後半は、道東のいつもの渓流へ。
見慣れた景色を眺めながら車を走らせる。
今回は、わが師匠、妹、超悪オヤジ?Sさん、K氏の5人。
2台の車に分乗して出発です。

 決して私たちを裏切らないこの渓流。
やっぱり釣れました。
この季節NGのあの子は掲載できませんが・・・

 私が釣ったアメマス
画像


 師匠が釣ったアメマス
画像


釣り終わって車に戻り、携帯を見ると・・・
俊平の幼馴染から着信あり。
この春就職し、帯広勤務となったO君です。

 慌ててかけ直すと、
「帯広で一人で釣りをしていたんですけど、ドライフライに反応がない時は、沈むフライをどうやって使うんですか?」との質問。

 去年の夏、一緒に釣りに行ってフライフィッシングに魅せられたO君。
早速わが師匠に電話を代わって、あれこれ電話で講習。
しかし、説明が面倒になったわが師匠。
「あっ、今ちょうど俺たちも釣りに来ているから、今からこっちに合流して明日ゆっくり実技講習するよ。
車でおいで」
と誘っている。

 やっと初心者マークが取れたばかりのO君。
こんな夕方からひとりで慣れない道を走り、あの峠を越えるのはあまりにも無謀
と心配する私の横で、話は着々と進んでいる。。。

 途中、何度も現在地の連絡が入り、その都度進むべき道を説明し20時ごろやっと到着。
「さすがに夜のあの峠はびびりました」とO君のコメント。
だよね~、師匠、無謀だと思うよ。

 という訳で次の日は師匠による講習。

画像


 真剣に説明を聞くO君。

画像


 竿を振るO君。

画像


 そして、木を釣るO君。
彼の名誉のために、ひと言。
この後、彼はちゃんとアメマスを釣りました

 みんなで十分に楽しんだ今回の釣り旅行。
幼馴染のO君と一緒で、俊平も楽しかったと思う。
俊平、良かったね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック