将来の夢

 今日、7/23は母の祥月命日です。

画像


4年前の今日、
最後まで「生きよう」という姿を見せながら、
明け方に旅立っていきました。

 どちらかというと大雑把な性格だった母とは、
時々けんかもしたけど・・・

 自分も少しずつ年を重ね、
蕗やウド、蕨などの山菜の味が美味しいと感じられる年ごろになるにつれ、
母の味を懐かしく思います。

 もっと、ちゃんと「おふくろの味」を教えて貰っておけば良かったな。

 昨日、
俊平の仲間が会いに来てくれました。

 ゆ○きとむ○う君。

 ゆ○きは、一年ぶり。
ちょっとお調子者(ごめん)で甘え上手で、
あやうくて優しくて、目が離せないゆ○き。

 いろいろ心配もしたけれど、やっと落ち着くことが出来そう。
頑張れ!!

 む○う君。
救急救命士の資格を取り、
昔からの夢だった消防士になるため勉強を続け
やっと合格通知を貰ったと報告に来てくれました。

 あれから8年の月日が流れ、
みんな大人になり、それぞれの道を歩んでいます。

 みんなで焼肉を食べ、を飲んでいると、

ゆ○きが、

「俊平の将来の夢って何だったの?」
と尋ねてきました。

 「そりゃ~プロ野球選手だよ」
と何の迷いもなく答えると・・・

 「いや、他に現実的な夢っていうか、なりたいものとか・・・」
との質問。

 
 いえいえ、
俊平にとっては、プロ野球選手が現実的な夢で、
それを叶えるために日々努力を重ねていたわけで、
決して遠い夢のような夢ではなかったんだよね。

 実際、なれたかどうかは今となってはわからないけれど、
俊平にはどこか、自分を疑わないというか、
何か自信を持っているところがあった。

 小さい頃こそ、
男の子のお決まりのような夢、
「弁護士」とか「パイロット」なんて言っていたけど。

 こどもの頃からの夢をかなえたむ○う君。
これからも応援してるよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 救急救命士とは

    Excerpt: ◇救急救命士とは◇救急救命士は、国家資格で、救急隊とは異なり病院への搬送途上に限り、救急救命処置を行うことができます。救急救命士法第2条では「厚生労働大臣の免許を受けて、医師の指示の下に、救急救命処置.. Weblog: 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役 racked: 2012-07-29 10:40