13回目の祥月命日

 6月2日は祥月命日。
前日の天気予報では13年目にして初めての雨の祥月命日を覚悟していたのだけれど、
朝目覚めてカーテンを開けると・・・
なんと青空が広がっている。。。

 今日の御霊供膳は、
俊平の大好きな物ばかり。
大根と油揚げのお味噌汁、筑前煮、そしてさくらんぼも。

 13年前のこの季節、朝ごはんにアメリカンチェリーを出したら
「まださくらんぼは売ってないの?」と
ちょっとだけ不服そうな顔をしたのを今でも覚えている。
あの年はさくらんぼが出回るのが遅かった。。。

 朝一番にご住職に来ていただき、その後お墓参りに。
吹く風も爽やかで、鳥のさえずりも賑やかなくらい聞こえてきます。

 その後、学校へ。
アオダモの碑の前には、連絡をもらっていた友人3人の他に
もう一人佇む姿が・・・。
近づいて行くと・・・なんと
俊平の中2の時に副担任だったM先生!!

 「去年もこのくらいの時間だったと記憶していて、ちょうど授業が空いていたので」
と、にっこり。

 「強さは優しさ」の碑の周りは、学校の方がお花を植えたり草刈もしてくれていて、
友人も綺麗なお花(名前を聞いたけど覚えられなかった)を
持ってきて植えてくれて、
綺麗にお掃除もしてわたしの到着を待っていてくれました。

 皆さん、本当にいつもありがとう。

 アオダモは13年の時を経て、大きく成長し青々とした若葉をつけています。

画像


 本当に大きくなって、こんなに離れないとアオダモの全体が写りません。

 
画像


 この写真は2008年の10月。
まだ「強さは優しさ」の文字がはっきり見えるくらい近くで写している。
こんなに小さなアオダモだったんですね。
時の流れを感じる。

 皆さんが綺麗にしてくれた碑。
画像


 俊平も喜んでいるかな。

 学校から帰宅後、
俊平の親友のW君が、
「ちょうど札幌に帰ってきているから」とお参りに来てくれました。
思い出話や近況報告など、楽しい時間を過ごし、
「日曜日に試験があるので」と言って帰っていった。

 忘れずにいてくれてありがとう。

 その後も、お花が届いたり
少年野球の頃からお付き合いが続いているKさんがお参りに来てくれたり
親族が来てくれて、一緒に食事をしたり・・・・
今年の祥月命日も、皆さんに助けられ
心静かに過ぎていきました。。。

 俊平、
俊平が結んでくれたたくさんの絆に支えられて
離れて暮らす日々を過ごしているよ。

 俊平、
いつもありがとう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック