救急の日

 9月9日は救急の日。
札幌は9月に入ったのに30度超えの日々。
湿度も高くて、朝から汗だくでした。

 
 午前10時。
仕事を一つかたずけようと、自宅出発。
どの道を通ろうかと思案して、いつも通る道を選択。

 踏切を渡り少し進むと、道端に倒れている人を発見。
最初は、草取りをしている???と思ったけど、畑でもないし不自然。
ゆっくり車を止めて、近づき「大丈夫ですか?」と声をかけると
「大丈夫」の返事。

 でも、見るからに大丈夫じゃない。
四つん這いになったまま、身動きできず。
「救急車を呼びますね」といっても「大丈夫」の答え。

 もう、勝手に呼ぶしかない。
とりあえず、ちょうど走ってきた車を止めて、
倒れている人がいることを伝え、援助を依頼。

 車に積んでいたマットを持ってきて、楽な姿勢をとってもらい
首を冷たいペットボトルで冷やし、日傘で直射日光を避けて
救急車を待ちました。
5分で行きますと救急車の答えだったけど、
長く感じました。

 初老の男性で、日課の散歩だったのかもしれないけれど
この時期に異常な暑さ。
「つまずいて転んだ」と言っていたので、軽い熱中症で
足がもつれたんでしょうね。

 早く発見出来て良かった。

 常々、応急手当普及員として救命講習をしてきた私。
もし、意識も呼吸も無かったら胸骨圧迫が出来たのかと思うと
後になって、足が震える思いでした。

 とりあえず、救急隊員に引き継いで事なきを得たけど。
皆さんも、健康のために歩くのは良いことですが、体と相談して
無理をせず、気を付けてくださいね。

 
 俊平、
今日、あの道を選んでいくようにと伝えてくれたのかな。
助けられてよかった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント