26回目の誕生日に・・・続きです

画像


 俊平が突然旅に出てから11年。

 あの頃は残りの人生、1年たりとも生きていけない・・・
と思っていたのに、こんなに長く生きてきてしまった。

 人の一生の幸せの量はきっと決まっている。
俊平と過ごした歳月で一生分の幸せを使い果たしてしまったのかな。

 平凡な毎日だけど
俊平から任された宿題は少しずつやってるよ。

 いつもそばにいてくれてると信じているから。
先日もマラソンランナーがAEDで救命されたよ。

 でもね、
俊平に聞きたい事がどんどん増えてゆく。

 小学生の頃、
塾の帰りの車の中で話してくれた上弦の月と下弦の月の話。

 バッターを打ち取る時の一番自信のある球種の話。

 片思いだった同級生の話。

 記憶の中で薄れてゆく色々な事。

 一番聞きたいのは・・・
我が家に生まれてきて幸せだったのかって事。

 いつもいつも、
きちんとしなさい、ちゃんとしなさいと言ってばかりで
休むこと、立ち止まる事を教えてあげられなかった。

 こんなお母さんでごめんね。

 後悔ばかりの日々だけど
俊平が我が家の宝物だってことだけは
ずっとずっと変わらないよ。

 我が家に生まれてきてくれてありがとう。

画像


 友人から届いた素敵なお花。


 今日は冷たい雨が降っている。
夜には雪に変わるかも。


 俊平
 今夜は久しぶりにすき焼きにしようか。。。

26回目の誕生日に

画像


拝啓

26歳の俊平へ

 突然遠く離れて暮らすようになって迎える12回目の誕生日。

俊平、今頃どうしてますか?

 今日の御霊供膳は
俊平の大好きなイチゴとトマトを入れたよ。
 
 大好きなものたくさんあったね。

 乳児の頃はヨーグルトが大好きで、口の周りをベロベロにしながら
食べていたっけ。

 1歳の頃は蒸しパンが好きだった。

 2歳の頃は魚が好きで、よく鯵の開きを食べていたね。
その頃だったかな。
お父さんが宴会の帰りにお土産に買ってきたお寿司の雲丹を食べて
目をまん丸にしながら、美味しい美味しいのしぐさをしたのは。

 (我が家では美味しいのサインは頭の後ろをポンポンと叩くのがサインでした)

 3歳の頃はウナギが好きで、晩御飯に約束していたウナギがないことに泣かれて
自転車でスーパーまで買いに行ったこともあったね。

 (あの頃、私は車の免許を持ってなかった)

 幼稚園に入った頃はみかんが大好きで、
「俊平君、足の裏が黄色いんですけど大丈夫ですか?」と
幼稚園の先生に心配されたっけ。

 小学校に入ってからは好き嫌いもなく、なんでも食べた。
特にじいちゃんが畑で作ったミニトマトは大好きで、
おやつ代わりにざるいっぱいのトマトをほおばっていたね。

 高学年になると野球の練習も大変になり、お腹も空くのか
本当によく食べた。
その頃は牛肉が一番好きで、晩御飯がすき焼きだったりステーキだったりすると
目を輝かせて、ご飯を何膳もおかわりしたっけ。

 その分、身長もどんどん伸びて5年生の時は1年で12センチも伸びて
お母さんの身長を軽々追い越したね。
まあ、私より小さかったら問題だけど・・・。

 その頃からかな?
出かける時に手をつないでくれなくなったのは。
私は面白がって、わざとしつこく手をつなごうとしたけどね。

 中学生になってからは、所属していた野球チームで栄養指導などもあって
良い筋肉を作るために、積極的に鶏肉を食べるようになったね。

 でも、
ずっと変わらず大好きなのは、果物と白いご飯。
俊平風に言うと「銀シャリ」
 
 今日も白いご飯を炊いたよ。
魚沼産コシヒカリじゃないけどね。
俊平も知ってると思うけど、ここ数年で北海道のお米もすごく美味しくなったんだから。

 一緒にいろんなものを食べてきた。
俊平と一緒に食べるものは、本当に美味しかったよ。
もっと噛みしめて食べておけばよかった。

 俊平、
長い手紙になりそうです。。。

月命日、晩秋

 2日は月命日。
10月下旬から寒気がやってきて秋ももう終わり。
近所のイチョウ並木も落ち葉が目立ってきました。

 今年もあと2カ月ですね。。。
毎年1年たつのが早くなっていく感じがします。
記憶力も低下して、去年の事なのか一昨年の事なのかの
区別もあいまいで・・・
それだけ変化のない毎日を送っているということなのかな。

 月命日にいつも思うこと。。。
31日が月命日の場合はどうなるんだろう???
2か月に一回しか月命日は来ないのか???

 週末は今年最後??の釣りに。
今年最後と言ってから何回目の釣りだろう、笑。

 今年も随分あちこちへ出かけたけれど
俊平も温泉好きだから、きっと喜んでいると思う

 こんな真っ赤なほっぺの虹鱒に出会い

 
画像


 こんな虹鱒と一緒に

画像


 だぶん今年を終える。。。

 帰り道の高速道路。
落葉樹が黄色に染まり、秋の終わりを告げていた。

画像


 あ~あ、冬眠したいな~。

 俊平、
これからどうする??

月命日、爆弾低気圧

 今日は月命日。
日本全国は台風崩れの爆弾低気圧に見舞われ、
札幌も朝から強い風が吹いています。

 不要不急の外出は控えるようにとテレビでアナウンスしているので
とりあえず家にいるのですが・・・。
札幌はまだ風は強いけど、青空もみえてきていたりして・・・。
本当にこのあとも荒れたお天気になるんでしょうか???

 秋も深くなってきて、
北海道の山々からは初雪の便りが・・・
また冬がきちゃう・・・。

 この秋。
久しぶりに、
俊平の後輩たちの試合の応援に。

画像


 残念ながらブロック決勝で負けちゃったけど、
来年の春に期待しましょ

 今年の釣りシーズンも残り僅か。。。
今の季節は空気も澄んでいて空がきれい。

画像


 癒される渓にはきれいな梅花藻が水面一面に広がっています。
画像


 俊平、
残りシーズン、
まだまだ連れまわしてもいいですか? 笑。

月命日、秋の気配

 2日は月命日。
朝から大粒の雨が降っていて、お墓参りは諦めました。

 今年の夏も全国的に記録的な猛暑になり、
熱中症で搬送された人も多かった。
日本は熱帯地域だよね。

 札幌も暑い日はあったけど、
雨の日も多くて、北海道らしいからっと晴れた日は少なかったような・・・。

 そして
気がつけば、すっかり秋風が吹き始め
TVでは、ストーブのコマーシャルが始まっている
北海道の短い夏はあっという間に過ぎてゆく。。。

 ああー、
釣りシーズンも残りわずか。
あと2カ月くらいだなぁ。

 先日、
夫の出張に同行して、仙台に行ってきました。
仕事がメインだったので(だから出張なのですが、笑)
観光は少しだけ。

 あいにくの雨の中、
立石寺に行ってきました。(山形ですけど・・・)

画像


 閑さや 岩にしみ入る 蝉の声

で有名なお寺です。

画像


 芭蕉さんもおられました。

 そして
お寺の敷地内に鳥居が・・・。
勉強不足でしたが、昔はお寺と神社は共存していたんですね。

 さて、
芸術の秋、スポーツの秋、そして食欲の秋。
俊平、
また一緒に旅をしましょ

月命日、そして祥月命日

 今日は月命日。
そして、
俊平のわずか2カ月後に旅立ったじいちゃんの祥月命日。

 11年前のあの日、
完全に弱っていた私は、入院しているじいちゃんの病院にも行けず、
全てを姉妹に任せ、何もしてあげられずにいたっけ。

 あの年も暑かった。

 今日もめちゃくちゃ暑かった。
お墓参りに行ったけど、
照りつける日差しで背中が痛くなるほど。

 お墓の横の木立から聞こえてくる蝉の声が
一層暑さに拍車をかけます。

日本列島、熱帯地域になってます。

 今年の甲子園、
俊平の姉妹校も決勝戦で敗れ、残念な結果に。

 俊平、
どうしてる?
もうこの世の全てを離れて、あの青い彼方の世界へ行ってしまったのかな?

 もうすぐお盆。
また、一緒にゆっくり過ごそうね。

月命日、夏の始まり。

 2日は月命日。
今日の御霊供膳には、さくらんぼを入れました。

画像


 俊平の大好物。
一パックをペロッとたいらげる。
只今、我が家には頂き物のさくらんぼが冷蔵庫に溢れてる。
俊平がいてくれたら、あっという間に無くなるはずなんだけどな。。。

 俊平と同様にさくらんぼが大好きな甥っ子は
数年前からアレルギーが出て、大好きなさくらんぼが食べられなくなった。
かわいそうに・・・。

 俊平がそんなことになったら泣くだろうな。

 只今、北海道も夏の甲子園に続く高校野球大会の真っ最中。
俊平の後輩たちは惜しくも敗退。
月末で仕事が忙しくて、応援に行けないまま終わってしまった
秋の大会は行くから。。。

 4000校を超える中から、頂点を目指す大会。
1回戦で負けた高校も、どの高校も、みんな苦しい練習に耐えてきた。
新聞によると、野球部の部活継続率は89%を超えるらしい。
その頑張りが、きっと自分の財産になるはず。

 これから、熱い夏。
みんな、頑張って。

 俊平、
後輩たちは負けちゃったから、日ハムの応援に
力を注ごうか

祥月命日

 今日、6月2日は祥月命日。

あの日から11年。
ご住職の読経も随分聞きなれて、耳に優しく響くようになってきました。

 今日もお墓参りのあと、学校へ。
今年は春が早くて暖かかったためか、いつもの年より
アオダモが大きく、葉もたくさん茂っているように感じました。

画像


 細くて弱々しかった幹もすっかり太くなり、私の親指と中指でやっと掴めるくらいの太さです。
「大きくなったね」と遠いあの日を思い出しながら語りかけました。

 強い風に揺られて時より寄り添うアオダモの姿は、
なんだか我が家の3人家族の姿を映し出しているよう。

 今年も、3人の友人が忙しい中時間を割いてきてくれました。
いつも本当にありがとう。

 俊平の碑の前で、しばしいつものおばちゃんトーク。
きっとまたかと苦笑いをしながら聞いているに違いない、笑。

 「強さは優しさ」の碑の前には、誰が届けてくれたのかスポーツドリンクが2本。
雑草もきれいに刈られていました。
ありがとう。
俊平がつないでくれたたくさんの出会いに感謝。

 
画像


 風が少し強いけど、今日も晴れ。
野球部のレッド軍団の応援旗に
「夏の大会、頑張ってね」と心の中で祈りつつ、グランドを後にした。

 11年前の突然の嵐の日から、ひたすら
俊平を探した日々。

 今なら、自信を持って言える。
「ここにちゃんといるよ」と自分の胸を叩いてみる。

 俊平、大好きだよ。
やっぱり我が家の宝物だ。

月命日、桜満開。

 2日は月命日。
御霊供膳を作ったあとお墓参りに出かけました。

 この冬の霊園は雪が多くて、冬囲いをしたのに雪の重さで
お墓の植木の枝が折れています。
来年はもっとしっかり囲わなくては。。。

 今年は桜前線も早めに北海道に到達し、
札幌ももう満開。

画像


一部の桜は散り始めています。

 近くの公園のチューリップも満開まではいかないけれど、
全体的に早めに咲き始めました。

画像


 北海道は桜と梅が同時に咲きます。
梅も見頃。

画像


 春から夏にかけて、北海道は一番いいシーズンを迎えます。
そろそろ渓流もいい感じになって来る頃。
釣りシーズン到来です。

 GWまっさかり。
俊平、一緒に出かけましょ。

月命日、球春到来

 今日は月命日。
 
 今年は雪どけが早く、3月の下旬から雪は消えました。
とは言っても、我が家のお墓がある場所は意外に雪が多く、
お彼岸もお墓は深い雪の中。

 先週の日曜日にやっとお墓発掘に行ってきました。
まだ雪も多く、今日もお墓参りは不可能です。

 春の甲子園大会。
俊平の母校の姉妹校は2004年に出場して
俊平が大阪遠征の際にペナントを購入してきて以来久々の出場でしたが
一回戦敗退

 北海道代表は惜しくも準優勝、
夏の大会に期待しましょう。

 月命日の今日、
俊平にそっくりだと私が勝手に言っている斎藤佑ちゃんが登板。
いい感じだったけど、4回5回に打たれて無念の降板。
次回に期待しましょう。

 冬来りなば春遠からじ。
俊平が突然旅立ってからの5、6年までは
春が来ることが恨めしかった。

 すべての生命が復活して、再びの命の目覚めが許せなかった。
完全な逆恨み、八つ当たりだよね。

 最近は、少しだけ春の息ぶきが受け入れられるようになって
桜の便りも嬉しく思う。

 今年の開花はいつかな?

 俊平、
一緒にお花見しようか。。。

月命日、春よ来い

 2日は月命日。
今年の札幌は雪がどっと降ったかと思ったら、気温が上がって雪が溶け
路面がツルツルになったり・・・
変な天気です。

 今年は雪どけも早いのか、もうアスファルトも出ている。
でも道東は毎週末のように爆弾低気圧がやってきて
記録的な積雪量。お気の毒です

 さて、
3月に入り、いつもなら毎年行ってきたAEDチャリティコンサートの準備で
大忙しなんだけど、去年で卒業しちゃったのでのんびりしています。

 そんな3月1日。
コンサートでご協力頂いていた西浦達雄さんが札幌にいらっしゃる
ことになって、音楽処でインストアライブを。

画像


 久しぶりに生の歌声を聴けて、またまた感動。
先日、某テレビ局の朝の番組に出演されてから
CDも注目されているようです。

画像


 良かったら聴いてみて下さい。

 俊平も久しぶりに西浦さんに会えて嬉しかったよね。

これからは南から桜の便りが届き始め春へ。
春よ来い、早く来い

月命日、そして節分

 2015年も始まったと思ったら、
もう一カ月がたちました。

 そして、
2日は月命日。
冬はお墓参りも行けず、アオダモにも会いに行けず。
御霊供膳にも、あまり季節感のある食材が無い

 俊平、ごめんね。
みかんでも食べて下さい。

 1月は気温の高い日が多かったり、週末には猛吹雪があったりと
安定しないお天気だった。
雪が降った後に気温が緩むので、道路はテカテカ、ツルツル。

 転倒者も多いようで、1000人に迫る勢いのよう。
皆さん、気をつけましょうね。

 この週末に道東方面は、またも爆弾低気圧に襲われ
羅臼では、一日で1メートルを超す大雪。
玄関のドアも開かなくなるほどで、自衛隊が緊急派遣された模様。

 本当に自然は怖いですね。
ここ数年、道東は毎年この爆弾低気圧に見舞われ
大変なことになっています。

 いつもお世話になっているペンションの皆さんは
どうしていらっしゃるやら・・・。

 俊平が中学に入学した2002年に記念に買った「幸福の樹」
30センチに満たない小さな鉢に入っていた樹も
今ではこんな大きさ。

画像


 旅に出た頃の身長に届きそうな勢い。
今までにも何度か花を咲かせ、ご紹介したこともあるけれど
今、また花を付け始めています。

画像


 この花、
夜に咲くんですが、
朝起きていくと、リビングが濃厚な香りに包まれています。
おまけに、
この蜜のような液が床に落ちてべとべとに、
花の終わり頃には、
花びらがぽろぽろと床にこぼれて散らかります

 楽しませてくれるのは嬉しいんだけど・・・
ちょっとだけ、とほほな感じです。

 なんて、贅沢なことは言っていられませんね。
「幸福の樹」の花が咲いて、
全世界に幸せが届き、戦争のない世界になりますように。

 きっと、
俊平もそれを一番願っているよね。

月命日、そして新年

 2015年。
皆さま、今年もよろしくお願いいたします。

 今年も道東の温泉で新年を迎えました。
画像


 年末には、厚岸まで出かけ
こんな大きなホッケにびっくりしたり・・・

画像


 生牡蠣を堪能したり・・・

画像


 丹頂鶴や白鳥にも会いました。

 2日の月命日には、お正月バージョンの御霊供膳。

 俊平、
今年もちゃんと北海縞海老は子持ちにしたよ

 3日には幼稚園からの幼馴染みが、
4日には中学からの同級生夫婦と高校野球部元キャプテンが
俊平に会いに来てくれました。

 中学からの親友3人組は、今回は予定が合わず
残念ながら会えなかったけど、
元気に過ごしているようです。

 今年も始まりました。

 俊平、
今年もよろしく。
いつも一緒だよ。

 
画像

今年も色々ありました

 今年も残すところあと4日。
毎年一年が過ぎるのが早く感じるのは気のせいでしょうか?

 つい数ヶ月前にお正月が終わって、やっと夏だったはずなのに・・・

 歳のせいですね

 今年一月、
久しぶりの海外旅行、セブ島への旅で明けた新年でした

画像


が、しかし・・・

 帰国後、人生初のインフルエンザにかかり
40℃の高熱が続き七転八倒。
でも、インフルって熱が下がってしまえばいたって元気。
外出が出来ないので、ひたすら家の片づけなどをして過ごした数日間でした。

 そうこうしているうちに、
待ちに待った雪どけの頃。
渓に通う週末がまたやってきました

 しかし・・・
今年もよく渓に出かけたなぁ。

 フライフィッシングを始めて間もない2008年の頃、

画像


初めて30センチオーバーの虹鱒を抱えて満面の笑顔だった。

 そして、
師匠に鍛えられ、今や師匠よりも釣りにのめりこみ
ここ数年、通い続けた道東の某渓で
ついに55センチの虹鱒を釣り

画像


ますます大物狙いに火が付きました。

いつも、あちこちに連れまわされる
俊平もあきれているのか、一緒に楽しんでくれているのか?

でも、
釣りのお陰で、山菜とりや秋のきのこ採りなどの
楽しさも知ったし、
せっかく自然に恵まれた北海道に住んでいるのだから
まだまだ自然の中に身をおいて、
癒されたいなぁと思っています。

俊平、
来年も一緒に楽しもうね

 こんな私の日記を読んでくれている方々、
今年もお世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。

月命日、ついに冬

 2日は月命日。
もうお墓も冬囲いをしたから、お墓参りにも行けず。

 冬囲いと言えば・・・

 お盆参りにご住職がいらした時に、お墓の話になり
「最近はお墓囲いますなんて変な業者がいるねぇ」とご住職。
???
「えっ? どうしてですか?」と尋ねると、

「お墓は彼方とこちらとの出入口でしょう。ふさいじゃだめでしょう」とのこと。

あれれ?
我が家、冬は寒かろうと毎年ビニールとプチプチでグルグルと囲っていますけど・・・。
あら、どうしましょ。

 今年も冬囲いの季節になって家族会議。
「さて、ご住職はこう言ってたけどどうする?」
う~ん、悩ましい。

 で、結論は。
「俊平も寒がりだし、きっと冬になる前には家に引っ越してきてるよ。
 お位牌も彼方との出入り口だって話もあるしね。」

 ということで、
お彼岸のお墓発掘作業のことも考慮して、
今年も墓石をグルグル巻きにしました。
ご住職、ごめんなさい。

 今週からこの冬一番の寒波到来。
今朝もぐっと冷えました。
ああ、寒い。
最近は、冬眠はできないものかと真剣に考えています。

 今年もあとひと月。
俊平、
大掃除、手伝ってね~。

25回目の誕生日

 11/10は
俊平の25回目の誕生日。

 内臓破裂するのではないかと心配になるほど私のお腹をけり
40週めに入る頃、12時間かけて生れて来た。

 分娩台の上で20本の指を数え、
元気な産声に安堵し・・・
「神様から預かった」と感じた日。

 その日から、ずっと我が家の中心だった。

 ごくごくと母乳を飲み、9カ月で歩き、
10か月の予防接種では注射をする時、
泣くどころか看護婦さんを軽くにらみつけた。

 チョコをコチョ、クッキーをキックーと言っていた1歳の頃。
絵本が大好きで、「みにくいアヒルの子」を読んであげると

  ”みにくいアヒルの子は綺麗な白鳥になりました”

のくだりで、必ず立ち上がっては「ハクション」と言っていた。
最初は不思議だったけど、
俊平にとっては「白鳥」が「ハクション」に聞こえていたんだね。

 思い出は尽きなくて、
ずっとずっと我が家の宝物。

 一緒にお祝いできなくなって10年。
今は分かれ道のむこう側とこちら側を歩いているけれど
合流点まで歩き続けたら、いつかまた会えるはず。
そう信じて、今日も歩き続ける。

 先日、
俊平父の誕生日に甥っ子夫婦から貰った素敵なプレゼント。
「俊平君の誕生日も近いから」と言って頂いた品は・・・

画像


 心温まるプレゼント。

 れた才能を持ちながらも、心優しくかであれ
という想いをこめて名付けた名前。

俊平、
ずっずっと一緒だよ。

我が家に生れてきてくれてありがとう。

月命日、冬への入り口

 2日は月命日。
10月の終わりから急に寒くなって、11月は雪の便りも・・・。
遂に釣りシーズンも残りわずか。
ならば・・・行かねばならぬという訳で(どんな訳?)

 11月の3連休は
私がフライフィシングに目覚めた原点の渓に出発。
俊平と一緒に楽しんできました。
夏は緑豊かな渓もすっかり寒々とした佇まい。
でも空は澄みわたっていました

画像


 渓から顔を出す魚も冬支度なのか黒ずんでいます。

画像


 いつ来ても癒されるこの渓。
今年は最後かな? いやまだ来れる?

俊平、
残りわずかな釣りシーズン。
寒さに負けず、一緒に楽しもう。

 帰りに立ち寄った「オンネトー」

画像


 今話題の美瑛の「青い池」と同じくらい青くて綺麗でした。

月命日、紅葉の頃

 2日は月命日。
今日の御霊供膳には、落葉きのこのお味噌汁を作ってみました。

 俊平がそばにいてくれた頃は、土日は野球で忙しかったし
山菜やきのこ採りには興味が無かった私。
だから・・・
俊平も落葉きのこは食べたことが無かったんじゃないかなぁ。
果たして、気にいってくれているでしょうか?

 9月中旬には旭岳で初冠雪のたよりが届き、
今年は一気に秋が深まっているよう。
もう朝晩はかなり寒くなり、山々は紅葉が進んでいます。

 ここ数年は天気も不安定で、大雨が降って多くの犠牲者がでたり
今回は突然の噴火によりまだ多くの方が山に取り残されたまま。

 自然の脅威の前には、人は全くの非力です。
一日も早く、ご家族のもとに戻って来られるように祈っていますが、
救助にあたる方々の安全にも十分に配慮して二次災害のないように。

 さて、
久々のこの話題?ですが、
大好きなフライフィッシングの季節も終盤を迎えています。

 ちょっと、ここで自慢ですが・・・
先日某渓でみごとに55センチの虹鱒を釣りました
この大きさは阿寒川以外では初めてのこと。

 俊平の幼馴染と一緒に釣りに行った時の出来事で、
びっくりするやら、笑っちゃうやら、焦るやら・・・。
俊平も見ていたよね

 その虹鱒がこちら。

画像


 可愛い顔の女の子かな。
さて、落ち葉の季節まであと何回行けるかなぁ。
俊平、
また一緒に楽しもうね。

月命日、秋の気配

 2日は月命日。
9月に入っても、札幌は夏日が続いているけれど
やはり朝夕に吹く風は冷たくなって
少しずつ日暮れも早くなり、秋の気配です。

 久しぶりに学校へ。
お昼近くに到着したら、まだ授業中で
野球部のグランドでは、女子がソフトボールをやっていました。
お邪魔にならないように
そっとアオダモと碑にご挨拶。

画像


 濃い緑の葉をたくさん付けて、
アオダモは空に向かって伸びています。

 碑の周りの雑草も綺麗に刈り取られていて
関係者の方々に本当に感謝です。
いつもありがとうございます。

 俊平が元気に通っていた頃は、
いつもウキウキしながら喜んで走っていた道のりも
最近はちょっとだけ遠いなぁと感じるようになってきました。
これも歳のせいでしょうかね~笑

 その後
自宅近くの公園へも久しぶりに行ってみました。
散歩している方がたくさんいましたよ。

 俊平も幼稚園の頃は、よく遊びに来ていた公園。
遊具もあって、子供たちがたくさん走り回っていました。

 お花も綺麗です。

画像


画像


 時間のある時はまた散歩に来たいなぁ。
秋には俊平の好きなコスモスが綺麗です。

俊平、
また一緒に来ようね。

月命日、祥月命日

 8月2日は、
俊平の月命日、そして父の祥月命日です。

 俊平が突然旅立ってからわずか2か月後、
10年前も暑い夏でした。

 ずっと、俊平のところへ逝きたいと言っていた父は、
きっと日を合わせたのでしょう。
同じ2日に後を追うように旅立っていった。

 10年たった今は、
きっとむこうの世界で、笑顔で一緒にすごしているに違いない。

 ほんの少ししか離れていないと信じたい彼岸で。

 いつか、また会えたなら
聞きたいことがたくさんあるのに。
いつになったら会えるのかな。

画像


 今年の夏も猛暑。
札幌も連日30℃を超え、毎日汗だく。

 それでも、庭の雑草は頼んでもいないのに
元気よく伸びてくれるわけでして・・・
日焼けと熱中症対策をしつつ
炎天下、雑草と格闘しております。

 先日は、ずっと応援している佑ちゃんが2年ぶりの勝利投手。
俊平と一緒に、テレビの前で必死に応援しました。

 もうすぐ、
夏の甲子園大会も始まります。
また熱い試合が繰り広げられるんだろうなぁ。

 以前ほど、熱く応援することはなくなったけど
やっぱり高校野球は大好き。
頑張れ、球児たち。

 俊平と一緒に見ているよ。