今年も色々ありました

 今年も残すところあと4日。
毎年一年が過ぎるのが早く感じるのは気のせいでしょうか?

 つい数ヶ月前にお正月が終わって、やっと夏だったはずなのに・・・

 歳のせいですね

 今年一月、
久しぶりの海外旅行、セブ島への旅で明けた新年でした

画像


が、しかし・・・

 帰国後、人生初のインフルエンザにかかり
40℃の高熱が続き七転八倒。
でも、インフルって熱が下がってしまえばいたって元気。
外出が出来ないので、ひたすら家の片づけなどをして過ごした数日間でした。

 そうこうしているうちに、
待ちに待った雪どけの頃。
渓に通う週末がまたやってきました

 しかし・・・
今年もよく渓に出かけたなぁ。

 フライフィッシングを始めて間もない2008年の頃、

画像


初めて30センチオーバーの虹鱒を抱えて満面の笑顔だった。

 そして、
師匠に鍛えられ、今や師匠よりも釣りにのめりこみ
ここ数年、通い続けた道東の某渓で
ついに55センチの虹鱒を釣り

画像


ますます大物狙いに火が付きました。

いつも、あちこちに連れまわされる
俊平もあきれているのか、一緒に楽しんでくれているのか?

でも、
釣りのお陰で、山菜とりや秋のきのこ採りなどの
楽しさも知ったし、
せっかく自然に恵まれた北海道に住んでいるのだから
まだまだ自然の中に身をおいて、
癒されたいなぁと思っています。

俊平、
来年も一緒に楽しもうね

 こんな私の日記を読んでくれている方々、
今年もお世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。

月命日、ついに冬

 2日は月命日。
もうお墓も冬囲いをしたから、お墓参りにも行けず。

 冬囲いと言えば・・・

 お盆参りにご住職がいらした時に、お墓の話になり
「最近はお墓囲いますなんて変な業者がいるねぇ」とご住職。
???
「えっ? どうしてですか?」と尋ねると、

「お墓は彼方とこちらとの出入口でしょう。ふさいじゃだめでしょう」とのこと。

あれれ?
我が家、冬は寒かろうと毎年ビニールとプチプチでグルグルと囲っていますけど・・・。
あら、どうしましょ。

 今年も冬囲いの季節になって家族会議。
「さて、ご住職はこう言ってたけどどうする?」
う~ん、悩ましい。

 で、結論は。
「俊平も寒がりだし、きっと冬になる前には家に引っ越してきてるよ。
 お位牌も彼方との出入り口だって話もあるしね。」

 ということで、
お彼岸のお墓発掘作業のことも考慮して、
今年も墓石をグルグル巻きにしました。
ご住職、ごめんなさい。

 今週からこの冬一番の寒波到来。
今朝もぐっと冷えました。
ああ、寒い。
最近は、冬眠はできないものかと真剣に考えています。

 今年もあとひと月。
俊平、
大掃除、手伝ってね~。

25回目の誕生日

 11/10は
俊平の25回目の誕生日。

 内臓破裂するのではないかと心配になるほど私のお腹をけり
40週めに入る頃、12時間かけて生れて来た。

 分娩台の上で20本の指を数え、
元気な産声に安堵し・・・
「神様から預かった」と感じた日。

 その日から、ずっと我が家の中心だった。

 ごくごくと母乳を飲み、9カ月で歩き、
10か月の予防接種では注射をする時、
泣くどころか看護婦さんを軽くにらみつけた。

 チョコをコチョ、クッキーをキックーと言っていた1歳の頃。
絵本が大好きで、「みにくいアヒルの子」を読んであげると

  ”みにくいアヒルの子は綺麗な白鳥になりました”

のくだりで、必ず立ち上がっては「ハクション」と言っていた。
最初は不思議だったけど、
俊平にとっては「白鳥」が「ハクション」に聞こえていたんだね。

 思い出は尽きなくて、
ずっとずっと我が家の宝物。

 一緒にお祝いできなくなって10年。
今は分かれ道のむこう側とこちら側を歩いているけれど
合流点まで歩き続けたら、いつかまた会えるはず。
そう信じて、今日も歩き続ける。

 先日、
俊平父の誕生日に甥っ子夫婦から貰った素敵なプレゼント。
「俊平君の誕生日も近いから」と言って頂いた品は・・・

画像


 心温まるプレゼント。

 れた才能を持ちながらも、心優しくかであれ
という想いをこめて名付けた名前。

俊平、
ずっずっと一緒だよ。

我が家に生れてきてくれてありがとう。

月命日、冬への入り口

 2日は月命日。
10月の終わりから急に寒くなって、11月は雪の便りも・・・。
遂に釣りシーズンも残りわずか。
ならば・・・行かねばならぬという訳で(どんな訳?)

 11月の3連休は
私がフライフィシングに目覚めた原点の渓に出発。
俊平と一緒に楽しんできました。
夏は緑豊かな渓もすっかり寒々とした佇まい。
でも空は澄みわたっていました

画像


 渓から顔を出す魚も冬支度なのか黒ずんでいます。

画像


 いつ来ても癒されるこの渓。
今年は最後かな? いやまだ来れる?

俊平、
残りわずかな釣りシーズン。
寒さに負けず、一緒に楽しもう。

 帰りに立ち寄った「オンネトー」

画像


 今話題の美瑛の「青い池」と同じくらい青くて綺麗でした。

月命日、紅葉の頃

 2日は月命日。
今日の御霊供膳には、落葉きのこのお味噌汁を作ってみました。

 俊平がそばにいてくれた頃は、土日は野球で忙しかったし
山菜やきのこ採りには興味が無かった私。
だから・・・
俊平も落葉きのこは食べたことが無かったんじゃないかなぁ。
果たして、気にいってくれているでしょうか?

 9月中旬には旭岳で初冠雪のたよりが届き、
今年は一気に秋が深まっているよう。
もう朝晩はかなり寒くなり、山々は紅葉が進んでいます。

 ここ数年は天気も不安定で、大雨が降って多くの犠牲者がでたり
今回は突然の噴火によりまだ多くの方が山に取り残されたまま。

 自然の脅威の前には、人は全くの非力です。
一日も早く、ご家族のもとに戻って来られるように祈っていますが、
救助にあたる方々の安全にも十分に配慮して二次災害のないように。

 さて、
久々のこの話題?ですが、
大好きなフライフィッシングの季節も終盤を迎えています。

 ちょっと、ここで自慢ですが・・・
先日某渓でみごとに55センチの虹鱒を釣りました
この大きさは阿寒川以外では初めてのこと。

 俊平の幼馴染と一緒に釣りに行った時の出来事で、
びっくりするやら、笑っちゃうやら、焦るやら・・・。
俊平も見ていたよね

 その虹鱒がこちら。

画像


 可愛い顔の女の子かな。
さて、落ち葉の季節まであと何回行けるかなぁ。
俊平、
また一緒に楽しもうね。

月命日、秋の気配

 2日は月命日。
9月に入っても、札幌は夏日が続いているけれど
やはり朝夕に吹く風は冷たくなって
少しずつ日暮れも早くなり、秋の気配です。

 久しぶりに学校へ。
お昼近くに到着したら、まだ授業中で
野球部のグランドでは、女子がソフトボールをやっていました。
お邪魔にならないように
そっとアオダモと碑にご挨拶。

画像


 濃い緑の葉をたくさん付けて、
アオダモは空に向かって伸びています。

 碑の周りの雑草も綺麗に刈り取られていて
関係者の方々に本当に感謝です。
いつもありがとうございます。

 俊平が元気に通っていた頃は、
いつもウキウキしながら喜んで走っていた道のりも
最近はちょっとだけ遠いなぁと感じるようになってきました。
これも歳のせいでしょうかね~笑

 その後
自宅近くの公園へも久しぶりに行ってみました。
散歩している方がたくさんいましたよ。

 俊平も幼稚園の頃は、よく遊びに来ていた公園。
遊具もあって、子供たちがたくさん走り回っていました。

 お花も綺麗です。

画像


画像


 時間のある時はまた散歩に来たいなぁ。
秋には俊平の好きなコスモスが綺麗です。

俊平、
また一緒に来ようね。

月命日、祥月命日

 8月2日は、
俊平の月命日、そして父の祥月命日です。

 俊平が突然旅立ってからわずか2か月後、
10年前も暑い夏でした。

 ずっと、俊平のところへ逝きたいと言っていた父は、
きっと日を合わせたのでしょう。
同じ2日に後を追うように旅立っていった。

 10年たった今は、
きっとむこうの世界で、笑顔で一緒にすごしているに違いない。

 ほんの少ししか離れていないと信じたい彼岸で。

 いつか、また会えたなら
聞きたいことがたくさんあるのに。
いつになったら会えるのかな。

画像


 今年の夏も猛暑。
札幌も連日30℃を超え、毎日汗だく。

 それでも、庭の雑草は頼んでもいないのに
元気よく伸びてくれるわけでして・・・
日焼けと熱中症対策をしつつ
炎天下、雑草と格闘しております。

 先日は、ずっと応援している佑ちゃんが2年ぶりの勝利投手。
俊平と一緒に、テレビの前で必死に応援しました。

 もうすぐ、
夏の甲子園大会も始まります。
また熱い試合が繰り広げられるんだろうなぁ。

 以前ほど、熱く応援することはなくなったけど
やっぱり高校野球は大好き。
頑張れ、球児たち。

 俊平と一緒に見ているよ。


 

 

月命日、夏。

 今日は月命日。
今年も半分が終わって、長雨の後、札幌も夏らしくなってきました。

 高校野球北海道支部予選も始まり
俊平の後輩たちも今日が初戦。
俊平から、今朝メッセージを受け取り
一緒に後輩の応援。

 前半はリードを許し、まさかの初戦敗退??
と心配したけれど、逆転して辛勝。
次も頑張ってね。

 昨日、7/1は「AEDの日」でした。
一般市民の使用が解禁になって10年。
あの頃7000台しか無かった設置台数は44万台超に増えました。
安心できる社会になったのか?

 それでも、実際に使用出来ると答える人は数パーセント。
せっかく設置されていても、いざという時に使用不可のAEDはどのくらいの台数なのか。
先月も高校球児が練習中に倒れ、学校に設置されていたAEDは鍵がかかった校舎内に
設置されていたため使用できなかったという事故が・・・。

 設置されただけで安心して、その後は管理責任者もいなくて、
毎日の点検確認も出来ていないというAEDがいかに多いことか。
まだまだ問題は山積みだよね。

 俊平から託された宿題は、まだ終わっていない。
7/1はAEDの日でも、
私にとっては、6/2がAEDの日。
同じように活動している仲間たちにとっても、それぞれの「AEDの日」があるはず。

 俊平、
大切なこと、伝え続けて行かなきゃね。

 

祥月命日

 6月2日は
俊平の祥月命日。

 あの日から10年。
やっと10年なのか、まだ10年なのか、もう10年なのか・・・。

 ご住職の読経の後、お墓参りへ。
10年前のこの日も、6月にしては暑い日で、
空は高く、青空が広がっていたけれど、
今日も暑い。

 お墓参りの後は、学校へ。
アオダモは今日も風に吹かれて、まっすぐに空を目指して
スッと立っていました。
まるで、俊平がそこに立っているかのように。

 都合がつかない友人たちの代表で、
Kちゃんがグランドで待っていてくれた。
二人で他愛のない話をしながら、学校の方が綺麗に手入れしてくれた
アオダモの前で2時間。
たっぷり日に焼けました。

 学校の生徒たちのざわめき、チャイムの音。
どれも懐かしいような、ちょっと苦いような。
でも、数年前に比べれば
胸を締め付けられるような苦しみや痛みは薄れたかな。
これが時の流れなんですね。

 北海道の雪深い環境、この札幌の地では育たないかも知れないと言われつつ
「強さは優しさ」の碑の周りに植えて頂いたアオダモ。

 植えて一年後のアオダモは

画像


 こんなに細く、弱弱しかったのに・・・

 10年目のアオダモは、

画像


 3本とも、しっかり成長しています。

 碑の周りも

画像


 こんなに綺麗にして頂いています。

 本当にみんなに感謝です。
この10年、
何が何だか分からず、
朝が来ることが恐ろしく、どこに向かって歩いて行ったらいいのかさえ分からなかったあの頃。

 今、こうして何とか毎日を送ることが出来ているのは
支えてくれた多くの方のおかげ。
私たち夫婦に寄り添い、声をかけ続けてくれたみんながいたからこそ。
本当にありがとう。

 そして、
俊平、
いつもそばにいて、心の支えになってくれてありがとう。
俊平は、いつまでも変わらず
親孝行な自慢の息子だよ。

月命日、桜満開

 2日は月命日。
今年の札幌はGW前半に桜が咲くと言う珍しい年。
ずっと冷たい風が吹いていたのに、4月後半になって
ぐっと気温が上がったからでしょうね。

 俊平が突然旅立った2004年は、桜の開花が遅く
ニュージーランドに出発した5/6にはまた桜が咲いていなかったっけ。
日本に帰って来た時には、桜はもうとっくに散っていて
最後の年は桜を見ることもなく逝ってしまった。

 そんなこともあって、
ずっと桜の咲く季節は好きじゃなかった。
というか、すべての命の力を感じる春が嫌いになった。

 完全に八つ当たり状態。
春には何の罪もない。

 ここ数年は、やっと桜がきれいだなぁと思えるようになってきた。
そこで、
今年は思い切ってGW前半は、秋田の親戚に会いに行くついでに
「お花見」というものをしてみた。
何年ぶりのお花見だろうか。。。

 秋田角館の桜。

画像


 とっても綺麗でした。

画像


画像


 北海道では、枝垂れ桜は見られないので
とても新鮮で趣があり、感動しました。

 久しぶりに親戚にも会えたし、いい旅だったなぁ。

 さて、
AEDが一般市民に開放されて7月で10年。
それは、
俊平が旅立ってから10年がたったということでもあるのですが、
ひたすら走り続けた10年でもあった。
そろそろゆっくりしようかなぁと思っていたところだったけど
とてもお世話になっているM先生が、また新たな活動を始めた。
「減らせ突然死、使おうAED」

 俊平から、また新たな宿題を渡されたみたい。
俊平、
まだまだ頑張りなさいってことかな?

月命日、桜の開花は?

 今日2日は月命日。
4月、新入学・新入社の季節。

俊平の親友も今年ついに社会人に。
今頃は新人研修かな?

 東京も桜が満開のようで、
甲子園中継を見ても暖かそう
なのに・・・
札幌はまだ冷たい風が吹いて、週末の天気予報には
雪だるまマークまで出ていて
春の訪れはまだまだ先の様子

 霊園に電話をしてみたら、
「まだお墓がすっぽり埋まっていますよ」とのこと。
あらら、今月もお墓参りはお預けです。

 平年はお彼岸の頃にはかなり雪も溶けて
お墓の発掘もそんなに難儀はしなかったのに
ここ3年くらいは雪どけも遅く、お彼岸には
立ち入り禁止なんて年もあったり・・・
確実に雪は多くなっているような気がします。

 テレビに映る満開の桜を見てはため息をつき
さて、北海道の桜はいつ開花するのやら・・・。
夏の猛暑がないのはありがたいのですが、
冬が長いと、やっぱり暖かい地域の方がうらやましくなるのは
贅沢か? 我がままか?

 さて、
今日は甲子園春の大会決勝。
俊平、
どっちを応援する?


 

月命日、そしてコンサート

 2日は月命日でした。
やっと少しは春らしくなってきたかなぁと思ったのも束の間、
また寒さが戻ってきました

 冬はお墓参りもアオダモ詣でも出来ないので、
暇をもてあまし? 厳寒の中近くの渓に釣りに行って、
ちょこっと温泉に入ってきました。

 俊平は温泉好きですから

 いよいよ、コンサートまで一週間を切りました。
9回目になるのに、相変わらず要領を得ずバタバタしています、笑。

 一応、区切りをつけようと思い今年がラスト。
皆さんに「大切な思い」を伝えられるように頑張ります。

 当日、不手際があったらごめんなさいm(__)m
もう今から謝っちゃいます、笑。

 後は、
お天気が良くて、西浦さんの乗る飛行機が飛んでくれること。
当日もいいお天気でありますように。

 当日、皆さんにお会い出来るのを楽しみにお待ちしています。
勿論、
俊平と一緒に

お知らせ

 
画像


 毎年行っている「西浦達雄AED普及チャリティコンサート」ですが、
今年はいよいよFINALとなりました。

 2014.3.9(日) 17:30開場 18:00開演
 かでる2.7ホールにて行います。

 俊平が突然旅にでて、今年で10年目。
俊平の人生をこのまま終わらせるものか、
何か一緒に出来ることはないか・・・
と走り続けてきましたが、彼の仲間ももう24歳。

そろそろ、俊平も自由に好きなことをさせてあげてもいいのかなぁ
なんて思ったりして。
一緒に頑張ってきたこのコンサートにも一区切りつけようかなぁと思うんです。

 多くの皆さんのご協力とご厚意で成り立ってきたコンサートです。
最後に皆さんに感謝の気持ちを伝えたいと思います。

 お時間のある方は、是非お越しください。
俊平と一緒にお待ちしています。

月命日・・・寒い!!

 今年に入って、全く日記を書いていなかった
だからといって、決して冬眠していた訳ではありません。
冬眠したいけれど・・・。

 新年を迎えたと思ったら、あっと言う間に一カ月が過ぎ。
冬の間は、月命日といってもお墓参りにも行けないし
アオダモにも会いにいけないし・・・。
まぁ、いつもと同じように過ごすだけなんだけれど。

 去年は、
俊平父が病気をしたり、膝が痛かったり・・・
あまりパッとしない一年だったので、
思い切って、どこかへ行ってみようと思い立ち、
心機一転?
南の島へ行ってきました

 地震や台風で被害にあった島のお隣、セブ島です。

 まぁ旅行のお話は次回に。
写真も暇をみつけてアップしたいとは思っていますが・・・。

 今年初のアクシデントは旅行から帰ってきて数日後。
私の誕生日の夜のこと。

 午後から体がだるかったので、夕方からソファに横になっていたら・・・
なんとドンドン熱が上がって、気づけば38℃以上
布団に入って、うつらうつらして、再度熱を計ると・・・39℃を超えた

 平熱の低い私は完全にアウト。
次の日の朝、病院に行くと何の迷いもなく「インフルエンザ」の診断が下された

 人生初のインフルエンザ。
しかも、誕生日に嬉しくないプレゼントでした

 すぐに薬も飲んで、安静にしていたので2日くらいで熱も下がり
そんなに大変では無かったのですが、
今も喉の調子がイマイチです

 皆さんもお気をつけ下さい。

 札幌は今日から雪まつり。
オリンピックも始まるし、
何となく気忙しい週末になりそう。

 俊平、
オリンピックは誰を応援しようか?

今年もありがとう

今年も多くの方に助けられ、支えられて
一年が終わろうとしています。

先日、バイト先の上司に
「いい一年だったかい?」と聞かれて
戸惑いました。

いい一年って?
どんな年の事でしょうか?
何を基準に?と尋ねそうになって
ごくんと言葉を飲み込んだ。

そんな事、しばらく考えた事なかったなぁ。

毎日毎日、生きる事が辛くて
生きている事が情けなくて、
まだ一年、やっと一年、と思って生きてきた。
幸せだったか、いい一年だったかとは
無縁の暮らしだった。

それでも、何だかわからないまま
時間だけは過ぎていき、
バイトに出てみようなんて思えるようになって
過去の私を知らない人に出会って
「いい一年だった?」と問われるようになった。

それだけでも、たぶん幸せな事なのかな。

まぁ、心から幸せだなんて言える日は
絶対来ないけれど

今年も多くの方に助けられ、支えられて、
健康で、
俊平父も助けられ、
また新年を迎えられる事を
きっと「いい一年だった」と呼ぶのだろうと思う。

いつか、もう一度
俊平に会える日を信じて

今年もありがとう、
来年もどうぞよろしくお願いします。

皆様、良い年をお迎え下さい。

月命日は過ぎたけれど・・・

 2日は、月命日でした。
もう、お墓も冬囲いを終えているのでお墓参りにも行けません。
アオダモにも会いに行かず・・・
この日は、夫の病院に同行。

 俊平父は、この夏からずっと膝が痛いのです
仕事も忙しくて、なかなか病院へも行けず、
この日にやっとMRIをとってきました。
早く治さなきゃね。

 日記を書けずにいたのは・・・
ちょっとした事件があり

 11月下旬に、突然我が家のパソコンの電源が入らなくなり、
ピッピッピッという電子音の後は、何の反応も無く、
ずっと、忙しくて最近のファイル等は一切バックアップを取っていなかった私

 ご想像の通り、青ざめました。。。
何度かメーカーの修理係と連絡を取って、
あれこれ試してみたけれど、我が家のパソコンは無言のまま

 とうとう覚悟を決め、
「全てのファイルを消して初期化します」という項目に同意のチェックを入れ
後ろ髪を引かれる思いで送り出したのです。

 何故、この時?
12月の忙しい時期、
おまけに年賀状作成などで一番パソコンを使う時。
俊平、何とかしてよ!!
と頼んでみたり。。。

 いつパソコンを買いに行こうか?
また設定が大変だと暗い気持になっているところへ
一本の電話。

「パソコンの修理が完了しました」
? ? ?
確か、私は見積もりをお願いしていたはずなのに、
修理完了?!

 そして、電話のむこうからは
「パソコンの時計を管理している部分の電池が切れていて
無償交換です。」
「えっ、初期化は?」
「いえいえ、そのままお使いいただけますよ」

 まさに、神の声
助かった

 俊平、
ありがとう。

 という訳で、遅ればせながらの日記を書きつつ
目の前のパソコンはサクサクと動いているのでした。
めでたし、めでたし

ありがとう

 11月10日は、
俊平の誕生日。
一緒に祝えなくなって10回目の誕生日です。

 朝から強いかぜが吹いていたけれど、
想像していたよりはずっといい天気。
一歳の誕生日は猛吹雪だったっけ。

 俊平が突然旅に出てから、
私の時間軸が無くなった。
以前は、どんな思い出も記憶も、
俊平が何歳の時に・・・と記憶していたのに

 今では
俊平が離れて暮らすようになって何年目・・・
と記憶するようになって、
それでも、すべての出来事が何となく乱雑に
記憶の中に並んでいく・・・

 俊平と過ごした数々の記憶は
今も鮮明なままなのにね。

 俊平は
今頃、どうしているのかな?

 俊平と出会えた大切な日に。

 俊平、
我が家に生まれてきてくれて
ありがとう。

画像

月命日、冬近し・・・

 2日は月命日。
札幌には、着々と冬の足音が近づいています。
また冬が来るね。

 先日、
俊平の少年野球の仲間のお父さんが急逝され、
事の成り行きを伺うと、本当に人には「寿命」というか
持って生まれた「運命」があるのかと思います。

 我が家の俊平の父も・・・
ひとつボタンを掛け違えていたら大変なことになっていたのか、
と思うと、これも運命なのか、
俊平に守られているのか?と。

 つくづく、生かされていることに感謝しないといけないと思うこの頃。

 日暮れも早くなって、
何となく人恋しい季節。

 9年たっても、夕暮れの街を車で走っていると
俊平との思い出に、突然タイムスリップする季節。

 今日も買い物に行ったお店で、
お母さんとスポーツ刈りの男の子が一緒に買い物をしている姿を目にして、
懐かしいあの頃を思い出して、胸が熱くなるやら
うらやましいやら・・・。

 ふっと、俊平の姿を探してしまう季節です。
秋の夜長、寂しいですね。

 
 ちょっと明るい話題と言えば・・・
甥っ子の家に二人目の子供が生まれまして・・・
11月生まれの男の子です。
これから、どんな風に育っていくのか楽しみ。
と言っても、見守るしかできないのですが。

 俊平、
何してる?
会いたいね。。。

月命日、紅葉の頃

 2日は、月命日でした。
朝から青空が広がり、10月なのに夏日という気温。

 太陽の日差しが眩しくて、
忙しい毎日で延び延びになっていた窓ガラスの汚れが気になり・・・
ついつい窓ふきに精を出しているうちにお昼近くになり、
慌ててお墓参りへ。

 残念ながら、アオダモに会いに行く時間がなくなってしまいました
歳のせいなのか、仕事で疲れているのか?
最近は、学校が遠く感じられるようになってきました

 俊平を迎えに行っていた頃は、あんなに軽やかにいそいそと車を走らせていたのにね。

 すっかり秋も深まり、今年も残すところ3か月を切りました。
お供えの果物が、苺から始まり、さくらんぼになり、
メロン、桃、梨と続いて、もう葡萄と柿の季節になっちゃいました。
また、冬が来ます。。。

 週末、
夫の仕事関係の方を連れて釣りに行ってきました。
釣りの方は、もう気温も下がってきて芳しく無かったけれど
落葉キノコを取りに行ったら、たくさん見つかって、
とっても喜んでもらえました。

 自然の恵みに感謝です。

 食欲の秋、
俊平、今度の週末はどんな旬の食べ物を楽しみに行こうか?

画像

月命日、秋の気配

今日2日は、月命日。
9月に入って、すっかり涼しくなり肌寒いほどです。
人間は勝手なもので、
暑い時は、「暑い、しんどい、早く秋にならないかなぁ」なんて
言ってたくせに、
こうして秋風が吹き始めると、何となく物悲しくなり
もう少し夏を楽しみたかった・・・という気分になるものです

 今朝も、どんよりと曇り空。
いつ雨が落ちてきてもおかしくない空模様。
このところ、ずっと不安定な天気が続き、
札幌も先週あたりは雷や集中豪雨で、あちこち大変なことになっていました。

 そんな中、
今朝目が覚めると・・・
うん???
首が回らない、起きられないかも・・・という痛さ。
(決して借金で首が回らないわけではありません、笑)

 何故?
としばし考えて、思い当ったのは・・・
そうです、昨日の日曜日のこと。
少し時間があったので、畑の片づけをして、
新たに何かを植えようと、スコップ片手に掘り返したのです

 どうやら、少し頑張りすぎたよう。
これじゃあ、運転もままならないので
本日はお墓参りも中止

 俊平、
ごめんね。
おバカな母を許しておくれ。
この埋め合わせは、きっとするから

 さて、
食欲の秋。
北海道には美味しいものがいっぱい。

 もうすぐ、イクラ漬けも出来そう。
俊平、楽しみに待っていてね。