姐さん、事件です!!

 本州は梅雨に突入だけれど、こちらは北海道らしい爽やかな陽気。
気温も上がり、いよいよ本格的な釣りシーズン突入です
(真冬もやっていただろう!!という突っ込みは無しで・・・

 週末、師匠、超悪オヤジSさん、粘りの釣り師K氏と4人で
まりもの川を目指しました。

 体の小さい私は、本当はこの川は苦手なのですが・・・
皆さんの希望があり、遠征釣行です。

 朝8時到着。
駐車場にはすでに車が数台あり、私たちが身支度をしている間にも、次々に釣り人がやってきます。
さすが、本州の釣り人も憧れる人気河川。
みんな大物を狙いにやって来るんだよね。

 しかし、この川は流れもきつく水量も多いので、私は流されないように必死。
流れの強い所は師匠に手を繋いで貰って渡ります。
釣り以外で手を繋ぐことは皆無ですが・・・笑。

 私は、流されなくて魚がいそうな場所を探しながら移動。
師匠、K氏、Sさんはもっと先に進んでいる様子。
みんなはどこかなぁ~と姿を探すと、前方に師匠発見。
しかも竿が孤を描いている。
何だか重そうだ

 そして、魚はジャンプ
大きい・・・流れに走って何とか逃げようとする魚。
どうかラインが切られませんように。

 しばし、格闘後
ネットインした魚は・・・

55センチのニジマス様。

画像


 この魚を見て、私はもう大満足。
もうおなかいっぱい釣りをした気分。
今日は釣りをやめてホテルに戻ってビールを飲んでもいいかなぁという気持ち

 だが、しかし、この魚を見たSさんとK氏はやる気アップ。
大魚を求めて、崖を超えどんどん先に進みます。
崖の移動7割、釣り3割のようなこの川。
運動不足の体には過酷、どんどん体力を消耗します

 下流はあまり釣れないから、一度車に戻って昼食をとってから上流に移動しようと決定して、
来た道を戻る途中で事件は起きました・・・。

 崖の途中で足を滑らせたわ・た・し。
1.5メートルくらいの場所から、川に向かって落下
しかし・・・
釣りキチはすごい!!

右手に持った竿を守るため、ゆっくりと体を反転させながら左側から着水。
もちろんずぶぬれです。
「大丈夫か!?」と近づいてきた師匠にひとこと、
「竿折れてない??」と尋ねる私。
見事に竿は死守しました

 こんな目にあっても大物が釣れたら言うことはないのですが、
釣れた魚には流れに引きずり込まれるような危険におののき、
この後2回もラインを切られ、大魚には逃げられ、
やっと釣り上げたニジマスはこちら。

画像


 それでも見事な引きを体感し、ジャンプを数回、
十分楽しませてくれた一匹でした。

 今回は、すっかり師匠の実力を見せつけられた遠征釣行
私はといえば、川に落ちた時にぶつけたらしい?おしりの痣だけが残った2日間でした・・・
でも、とりあえず無事で何より。

 俊平、
にやにや笑って見てたでしょう?!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック